優はあれから何度か杏に恋愛相談をしていたが、ある時突然、杏の恋愛相談室は幕を閉じた。

「好きな人っていうのは...杏先輩のことです」

「え、ええええええ?そ、それって、えっ、どういうこと、ゆうにゃん?」

「だから、私は杏先輩のことが好きなんです!」

「え、でも、でも...だって、ゆうにゃんは他の人のことが好きだと思ってたんだけど...」

「あれは全部、先輩のことなんです。騙すような形になってしまってすみません!」

優は杏に頭を下げた。

そして、顔を上げて「杏先輩は、私のこと、どう思ってるんですか?」と杏に聞いた。

「それは、それは、ゆうにゃんのこと、好き...だけど、でも...」

杏は柄にもなく、うつむき加減でそうつぶやいた。

「もちろん、いけないことだってわかってるんです!でも、私、もうこの気持ちを抑えておくことはできなくて...ごめんなさい...」

優の目に涙がこぼれた。

必死に謝ろうとする優に、杏は優しく「...私も、ゆうにゃんのこと...好きだよ」と答えるのだった。

results matching ""

    No results matching ""